学校

ハワイ島の語学学校徹底解説!これで自分に合う行き先が決まる!

「留学先ってどう決めるの?」

「ハワイってどんな留学先があるの?」

ハワイへの留学に憧れても、実際に留学先を選ぶ基準って分からないですよね。
わたしもそもそもハワイにどんな学校や留学先があるかも知りませんでした。

そんなとき全部の学校を比較して見れたら、
自分に合う留学先を簡単に探すことができますよね!

そこでハワイ島ヒロの学校、留学先を徹底解説します!

要点

ハワイ島ヒロの全学校、留学先を詳細紹介

学校比較表

 

IEP Hawaii
Community
College
University
of Hawaii
at Hilo
入学条件 高校卒業者
または18歳以上
TOEFL
PBT500以上等
TOEFL
PBT500以上等
入学時期 1月、3月、6月、
8月、10月
1月、8月 1月、8月
費用 $2,205(8週間) $8,160(1年間) $20,160(1年間)
アクセス ハワイ コミュニティカレッジ内 ハワイ大学から徒歩5分程度 ヒロ国際空港からは車で5分程度

 

IEP(Intensive English Program)

ハワイ大学付属の語学学校が “Intensive English Program”(IEP)です。

誰でも短期から留学可能なプログラムなので、とても参加しやすいです。
下記に項目ごとに紹介をしていきます。

入学条件

留学前の入学時点での英語力の規定なし!
それぞれの人にあったレベルでクラスが決まるので心配ないです。

特徴

主に留学生用の英語学習プログラムです。
留学中の受講する授業は週20時間で、合計8週間を1学期としています。
全ての授業は少人数制で留学生10名程度で行います。
数週間だけの短期留学も可能です。(夏休みだけ等)
ハワイ コミュニティカレッジの敷地内にあるので、
留学生だけではなく、いろんな人との交流を楽しみながら留学をすることができます。

授業内容

①Reading
②Writing
③Listening

上記3つのクラスは週に5日間、約2か月間受ける留学プログラムです。
各授業は4レベルに分かれており、
留学する際の英語力によりレベルが決まります。
なお、レベルアップは学期末テストの結果で決まりますが
大抵は1つレベルを上がるのに2学期程度が留学中にかかります。

進学先

①ハワイ大学
②ハワイ コミュニティカレッジ

レベル4を修了することでTOEFL等の英語スコアの提出をせずに
ハワイ コミュニティカレッジへの留学中に進学ができちゃいます!

わたしの場合
いきなりの大学進学は留学中は不安だったため、
IEPプログラムを受講し、まずはハワイの環境に慣れることとしました。
留学後1学期のみでレベル4を終了することができたので、
その後にハワイ コミュニティカレッジへ留学期間中に進学をしました!

合わせて読みたい記事
「ハワイ留学中のスケジュールを徹底解説!これで1日の流れが分かる!」

HCC(Hawaii Community College)

ハワイ コミュニティカレッジ(HCC)は短期大学です。

HCCの多様な授業でハワイ特有の科目について学んだり
英語力を高めて、ハワイ大学への進学を目指したり、留学中にすることができます。

入学条件

TOEFLの規定のスコアを取り、提出をするか
先ほどのIEPプログラムを終了して進学をすることが可能です。

特徴

IEPプログラムやハワイ大学と場所を共有しているので、
広大な土地で広々と留学中でも学ぶことができます。

また、ハワイ特有の「ハワイ文化」「天文学」「地質学」などが盛んで
ハワイ現地の学生のみならず、世界から学びにきた留学生と触れ合えます。

さらに留学生にも大切なのがハワイ大学より授業料が安価です!

授業内容

ハワイ大学への編入を目指すコース
教育関係
IT関係
ビジネス関係
自然関係 など

自身で上記のような専攻を留学生も決めて
それに合わせて、必要な授業数を取っていきます。
日本と違い、留学生も授業数により学費が変わるので
費用、編入・進級に必要な単位数、興味のある授業を相互的に考え
留学期間中の受講する授業を決めることができます。

なお、留学生はビザの種類により
期間ごとに受講すべき授業時間が決まっています!
学校の先生方も親身に相談に乗ってくれるので、
留学生の必須単位数もしっかりと考慮しましょう。

進学先

①ハワイ大学

大抵の人は2年から2年半年くらいで
HCCからハワイ大学に編入をしています。
ハワイコミュニティカレッジとハワイ大学は同じ場所を
共有している箇所もあるせいか、2年程度HCCに通い
その後ハワイ大学に編入をする留学生が多かった印象です。

私の場合
私は全体の留学期間は1年以内と決めていたので
HCCでは編入ではなく、幅広い授業が受けられるよう
リベラルアーツを留学中は専攻していました。
ここで英語プログラム(ESL)や自身の興味ある授業を1学期分留学期間中に受講していました。

UH Hilo(University of Hawaii at Hilo)

ハワイ大学ヒロ校(UH Hilo)はハワイ島ヒロにある4年制の大学です。
みなさんよくご存じのホノルルよりは小規模ながら
島の特性を活かした専門的な勉強をされている学生さんが多いです。

入学条件

TOEFL必要規定の取得提出または
HCCでの編入課程を修了している方が入学をすることができます。

特徴

ハワイの雄大な自然の中に建つ広々としたキャンパスで留学生活を送ることができます。

また、授業はどれも30名程度以内の規模で行うので、
密に先生やクラスメイトとコミュニケーションがとれます。

さらに、天文学や地質学は世界的プロジェクトに関われるチャンスがあるかもしれません!

授業内容

教育関係
IT関係
ビジネス関係
自然関係 など

先ほどのHCCの授業と同じくハワイの特色を活かした授業が多くあります。
私が現地でできた友人の多くは天文学の専攻でした。
ハワイ島には「マウナケア」という
世界有数の星空観測地があり、ハワイ大学も様々な研究施設を持っているため
世界から進学や留学をしている生徒がたくさんいます。

進路

留学生の中にはハワイ現地でそのまま天文学や観光業の職に就く人もいれば
自身の故郷に帰り、就業する人もいて、様々でした。
就業の際は留学生は特にビザの問題もあるので、慎重に検討しましょう!

まとめ

ハワイ島ヒロの留学先の解説はいかがでしたでしょうか。
自身の留学の目的や英語力により、IEP・HCC・UH Hiloへの留学を検討してください。
どの環境も毎日たのしく刺激あふれる留学生活が送れるので、楽しい留学生活を送れます!