学校

ハワイ留学中のスケジュールを徹底解説!これで1日の流れが分かる!

「留学中って1日中勉強する必要がありそう。」

「課題が多すぎて英語の授業についていけるか不安。」

海外留学の際は環境の変化や課題の多さへの不安があり、無事に英語での授業についていけるか心配ですよね。
わたしもいきなり英語のみの環境での授業についていけるか心配で、漠然とした不安がありました。

しかし悩む必要はないです!

この記事で実際の留学中の1日のスケジュールを紹介するので、事前に留学の不安を解消しましょう。

ハワイ留学中の1日のスケジュール詳細解説

1日のスケジュール

AM.07:00 起床

平日の朝は平均的に
7時頃に目を覚ましていました。
顔洗ったり、歯を磨いて
朝の身支度は30、40分程度で完了!
その日の予定に合わせて学校用のお弁当の用意をして家を出ます。

家を出る際にはゴミが溜まっていないか
確認して、場合によってゴミ捨てをしてから学校に行ってました。
ゴミ捨て場は家によって遠いので、確認が必要になります。

ハワイ大学への通学の際は
現地で購入したマウンテンバイクでわたしは行っていましたが、
途中で車通学の友達に会えた時は、
車に乗せてもらえるラッキーな日もあります!

AM.08:10 学校到着

マウンテンバイクに乗り、
だいたい8時すぎには学校に着いていました。
駐輪場に止めてから、学内で毎朝配布されているフリーコーヒーをもらいに行きます。

これはハワイで有名なコナコーヒーを学校の好意で毎日配っているので、
生徒は無料で貰うことができます。

コーヒー飲めないなと思った方!
わたしも実は飲めませんでした!

苦くて抵抗があったのですが、
「コナコーヒー」の美味しさに魅了され
今ではコーヒー大好きになりました。
ぜひ皆さんもお試しくださいね。

AM.08:30 1コマ目のクラス開始

それぞれの留学生のレベルに分かれて
英語学習プログラムの
授業が8時30分から開始します。

授業はこちらでは
1コマ90分で行われていました。

1クラスは多くても10名程度の留学生がいるので、
たっぷり発言して英語をたくさん吸収することができます。

AM.10:15 2コマ目のクラス開始

15分の休憩があり、
次の90分の授業が開始されます。
基本の英語学習プログラムの授業は3種類あります。

「Reading」「Writing」「Listening」の3種です。

クラス分けされた自身の英語のレベルにより、
同じ留学生同士でも授業の順番が異なるので
各学期ごとに確認をしましょう。

例えば、
1コマ目がReadingクラスの人もいれば、
2コマ目がReadingクラスの人もいます。

AM.11:45 昼食

昼食の時間は自分と同じ留学生クラスの友人や
別のクラスの留学生や生徒と一緒に学内で食べることが多かったです。
校内にはカフェテリアや、中庭があるので、自身の好きな場所で昼食をとりましょう。

昼食の内容は自身で買ったお惣菜や、
おにぎり、フルーツなど人それぞれです。
自宅が近い人は一度帰って
ご飯を食べてくる人もいました。

中国、韓国、台湾、ミクロネシアなどいろんな国から来た生徒がいるので
お弁当の内容も様々で毎日楽しかったです。
中国の友達のお弁当はスパイスの効いた薬膳スープだったり、
インドネシアの友達に揚げバナナをもらったりしました。
昼食の際も英語で様々な会話や情報交換ができるのもいい点です。

また、たまに

学校のイベントが
お昼の時間に開催されることがあります。

その際はハワイ料理が振舞われたりするので、
事前に確認して自分で用意するお昼ご飯は調整すると良いです。

PM.13:00 3コマ目のクラス開始

1、2コマ目で受けていない授業を
この日最後に受けます。

この英語の授業も同じく90分あるので、
眠くなったり徐々に疲れてきますよね。。。
先生達も同じ気持ちらしく、お菓子をくれたり、ゲームをしながら授業が進行することも多かったです。

PM.14:30 授業終了!

この日の英語の授業が既に終了しました。

小学生のように早くない?と思いますよね。
英語学習プログラムはこの3種のクラスしかないのでこの時間には終わります。

このままビーチに行って遊び放題!
とは残念ながら行かないので、放課後の予定も続いて紹介します。

PM.15:00 チューターとの勉強

留学生は希望すると
チューターという学生ボランティア
に勉強を見てもらうことができます!

チューターとは
最初に授業の一環で会う機会があり、
その際に気が合いそうな人にお願いして
週に2、3回程度、1回1時間ぐらい学内で会うことができます。

チューターはハワイ大学に通っている学生
なので、英語の勉強のことはもちろん
大学のことや地元での買い物やおすすめスポットなども教えてもらえます。
年齢も近いので友達としても仲良くなる良い機会になりました。

わたしは下記のようなことをよく聞いていました。
・各授業の内容でわからなかった点
→例えば分からない英語の単語は辞書で調べて解決しますが、細かいニュアンスの違いや書き言葉や話し言葉、シーン別での具体的な使い分けなど英語の実践的なこと

・各授業で出た課題のわからない点
→例えば問題文の英語の意味が分からない箇所はもちろんのこと、自身が既に回答した箇所の添削など

・授業で発表する内容の練習
→プレゼンテーションの際に事前にチューターに向けて英語で発表をして意見を聞きながら原稿や発表の姿勢を修正など

・勉強におすすめの方法
→おすすめの英語オンライン教材、辞書、音楽、映画などアメリカ人も使うものから、英語を第二言語として学ぶ人用まで幅広く

・ハワイのおすすめスポット
→学内や町でのイベント開催情報、おすすめのお菓子、スーパー、ファーマーズマーケット、ビーチなどなど

いろんな事を積極的に聞いてどんどん吸収しましょう!
わたしは直接会う際以外にもSNSなどで連絡を取り教えてもらったりしてました。
留学生やチューターにより様々な分野の会話をして勉強ができます。

PM.16:00 自習時間

チューターに教えてもらった後は
毎日自習をしていました。

留学生は大抵毎日同じ授業があり、
毎日課題はあるので、その日の課題はその日の内にです!

多くの留学生は自習場所は図書館を利用したり、
カフェテリアを利用したり、中庭を利用したり
気分を変えるために様々な場所でしていました。

同じクラスの友達と英語で話しながら課題をすることもあり、それだけで英語力があがり
異文化コミュニケーションもできて1人で勉強するより、効率的で楽しい時間でした。

PM.18:00 夕食・自由時間

夕食はレストランで留学生同士で外食したり、
友達の家に食べに行ったり、自宅に友達を呼んだり
その日によって様々です!
イベントやパーティーに参加することもあります。

夕食後も自由時間として
ダーツやビリヤードをしたり、買い物に行ったり、英語で映画を見に行ったり
その日ごとに飽きることなく過ごしていましたが、
もちろん自宅でゆっくりすることもあります。

PM.00:00 就寝

食事の後片付けをして、お風呂に入りだいたい0時ころには就寝していました。
けど、たまには友達と話し込んで夜更かしをすることもありましたね。

まとめ

ハワイ留学中の1日のスケジュールを紹介しました。このように1人で全て抱え込むことはなく、いろんな人が助けてくれます。もちろん自分で努力をすることも必要ですが、せっかくのハワイを楽しみながら充実した留学の日々を過ごしましょう。